自分でねずみ退治を行う方法と注意

subpage01

ねずみは夜間に台所などに出現しいろいろな物を食い荒らすとして非常に厄介なものです。
以前は農村部に多く、都会ではあまり見なかったものですが最近は生活環境の変化やねずみ自身の進化により、都会でも出現することが多くなっています。

日本経済新聞の最新情報が知りたい方にはこちらです。

ねずみにかじられたりすると生活環境が不衛生になるほか、屋内の配線などをかじられてしまうと漏電などの危険も有り非常に厄介なものです。

鼠撃退の情報を要約した情報サイトです。

さらにねずみが媒介する病原菌は非常に多く、中には重篤な症状を引き起こす物も多いので注意が必要になります。



ねずみ退治を行う方法はいろいろあり、自分でねずみ退治を行う方法はすぐに出来るほか、環境に合わせて方法を選ぶことができるので効果的に行いたいものです。その為の用具も最近はDIYショップなどで見かけるので、環境に合った方法を選び計画的に購入して行うのが非常に有効です。
ねずみ退治で思いつくのが餌でおびき寄せて板バネで挟んで退治する方法ですが、この場合にはねずみの死骸をきちんと始末できることが必要になります。
また罠を仕掛けて生け捕りにする方法も有りますが、これに付いては生け捕りにしたねずみをどの様に処分するかをはじめに考えておいてから行う必要があります。

また毒入りの餌を利用する方法では、見えないところで死んでしまう為死骸は腐乱してしまい別の問題が発生する事が有るので注意が必要です。

自分でねずみ退治を行う際にはこのようにその後始末を考えて行うことが大切です。


そのような対策が面倒な場合には、専門の業者に依頼する方が良いでしょう。